赤ちゃん用 食洗機用洗剤おすすめランキング 安全性・コスパ・エコで比較

キッチン

当ブログにご訪問くださりありがとうございます。
時間を生み出して、心にゆとりをもつ工夫を発信しているスマイルです。

食洗機用の洗剤は、いろんな種類がありますよね。

毎日使うものですし、口に入れる食器に使うこともあり、洗剤の安全性が気になるかと思います。
赤ちゃんや小さいお子さんがいるご家庭はなおさらですよね。

私も、少しでも家事の負担を減らしたいと思い食洗機を購入しましたが、当時子供が赤ちゃんだったこともあり、安全性や匂いがすごく気になりました。

・赤ちゃんにも安心な食洗機洗剤はどれ?
・洗浄力は?
・コスパは?

スマイル
スマイル

洗剤の成分や価格を調べながら、この5年で実際に10種類くらい試してみました。
その経験から、食洗機用洗剤を、安全性、コスパ、エコロジーの観点からご紹介します。




 

1.食洗機洗剤の種類は3種類(粉末・液体・タブレット)

食洗機の洗剤は大きく三つの種類があります。
全て実際に使ってみて分かった、メリットとデメリットを紹介します。

 

1.粉末洗剤のメリット・デメリット

食洗機の洗剤で最も一般的で種類が多いのが粉洗剤です。

私は、タブレットタイプも液体洗剤も試したことがあるのですが、毎日2回食洗機を回していると、あっという間になくなってしまうと感じ、コスパの面で粉末洗剤を利用しています。

メリット:三つの中で一番コスパが良い。種類も多い。
デメリット:アルミ製のお鍋や食器を白くしてしまうことがある。溶け残りが気になるときがある。

2.液体洗剤のメリット・デメリット

液体洗剤は、とにかく溶け残りが気にならない、 というのが一番のメリットだと思います。
コスト面で心配がない場合は、液体洗剤もおすすめです。

メリット:溶け残りが気にならない。
デメリット:粉洗剤に比べて値段が高い。安全面を重視したものはあまり種類がない。

3.タブレットタイプのメリット・デメリット

タブレットタイプは、洗剤を測る必要が無く、ポンと入れるだけなのがとても楽だと思います。

メリット:使い方が簡単
デメリット:種類があまりない。値段が高い。量の調整ができない。湿気に気をつかう。




2.赤ちゃん用 おすすめで安全な食洗機洗剤ランキング

食洗機使用歴6年、10種類以上を試した私が、安全性、コスパ、エコロジーの点からおすすめするランキングはこちらです。

 

1.シャボン玉 食器洗い機専用 500g

●おすすめポイント1.合成界面活性剤不使用で、成分が安心。環境にも優しい。
・成分は、水軟化剤(グルコン酸塩)、アルカリ剤(ケイ酸塩)、漂白剤(過炭酸ナトリウム)。
水軟化剤として使われている「グルコン酸塩」は、トウモロコシのでんぷんが原料で、食品添加物としても使用されているとのことです。
水軟化剤(グルコン酸塩)とは、ガラスなどの食器のくもりを防ぐ成分のことです。水道水中にあるミネラル分(金属イオン)を除去するのが水軟化剤(グルコン酸塩)です。
グルコン酸塩は、トウモロコシのでんぷんを原料としており、食品添加物としても使用されています。生分解性が良く、環境にもやさしい物質です。

引用:シャボン玉せっけんオンラインショップホームページ

 

・アルカリ剤(ケイ酸塩)は、岩石に含まれる鉱物の一種だそうです。
石鹸にアルカリ助剤として用いられることが多いということで、家庭用の洗剤に含まれるアルカリ剤は問題ないということでした。

ケイ酸塩とは、岩石に含まれる鉱物の一種です。炭酸塩と同じく、石鹸にアルカリ助剤として用いられます。粉石鹸よりは洗濯用や台所用の固形石鹸に配合されることが多いようです。また、食器洗い機用洗剤にも配合されます。

引用:石鹸百貨ホームページ
参考:YOURMYSTAR STYLE アルカリ剤とは

 

・漂白剤(過炭酸ナトリウム)は、酸素系漂白剤で、使用後は炭酸ナトリウム・酸素・水に分解されます。

 

●おすすめポイント2.余計な香りが付いていなく、洗浄力も十分

こどものお茶碗です。洗う前、結構汚れていましたが、きれいに落ちていました。

 

●おすすめポイント3.粉洗剤なので、コスパも良い。

液体洗剤に比べてコスパが良いので、長く使えると思います。
2位の洗剤も十分良かったのですが、シャボン玉せっけんさんが会社として実施されている取り組みもいいなと思い、1位にしました。




2.エスケー すっきり食器洗い機専用洗浄剤 500g

●おすすめポイント1.合成界面活性剤不使用で、成分が安心。環境にも優しい。

この洗剤も、成分がシンプルで、漂白剤(過炭酸ナトリウム)、アルカリ剤、金属イオン封鎖財のみです。

使用している原料は生分解性に優れていると公式サイトにも記載がありました。

 

●おすすめポイント2.余計な香りが付いていなく、洗浄力も十分

1と同じですが、こちらも洗浄力は十分でした。同じこどもの茶碗で比較しましたが、やはりきれいに汚れが落ちていました。

 

 

3.クリーン食器洗い乾燥機専用洗浄剤

●おすすめポイント.合成界面活性剤不使用で、成分が安心。環境にも優しい。
こちらの洗剤も、界面活性剤不使用で生分解性が高く、排水河川や海への影響も心配なく、安全で自然にやさしいことが特徴です。
全成分は、アルカリ剤(炭酸塩)、漂白剤(過炭酸ナトリウム)、アルカリ剤 [全成分]炭酸ナトリウム、過炭酸ナトリウム、ケイ酸ナトリウムで、1位・2位の洗剤と似ています。

洗浄力は十分でした。プラスチックのタッパーなどには、やや粉が残る感じがあったときがあり、3位にしました。




4.ハッピーエレファント 食器洗い機用ジェル420ml

●おすすめポイント.合成界面活性剤、漂白剤、着色料、香料は無配合

こちらの商品は液体の洗剤で、天然酵母の発酵によって生み出される天然の洗浄剤「ソホロリピッド」と、炭酸カルシウムやクエン酸、重曹などの食品成分のみでつくられたということでとても安心です。
排水は微生物によって分解されるということです。

また、直接関係ないですがパッケージが可愛いです。

ただ、洗浄力が粉末洗剤に比べて弱い感じがあったのと、液体洗剤なのでコスパが△なので、4位にしました。

 

5.ミマスクリーンケア 緑の魔女 全自動食器洗い機専用洗剤 800g

●おすすめポイント.排水パイプをきれいする微生物の働きを助ける「生分解力成分」入り

緑の魔女は、食洗機がとても普及しているドイツで生まれた洗剤です。

緑の魔女の中には、排水パイプをきれいする微生物の働きを助ける「生分解力成分」が入っていて、排水が流れる先の環境を綺麗にするということです。

香料は入っていないのですが、ミント系の自然で爽やかな香りがします。洗浄力も十分だと感じました。800g入りで、コストパフォーマンスが良いです。

 

成分として、界面活性剤が(0.5%ポリオキシアルキレンアルキルエーテル)入っていて、安心という点で少し気になったので5位にしました。




 

3.まとめ

食洗機洗剤は色々ありますが、赤ちゃんがいる家庭でも安心して使える安全なものをご紹介しました。実際に試してみていただき、気に入ったものがあるとうれしいです。

読んでくださりありがとうございました。m(_ _)m
よろしければ、ポチっとしていただけるとありがたいです。応援クリックが励みになります。

にほんブログ村 子育てブログ ワーキングマザー育児へ
にほんブログ村

ブログ村読者登録はこちらからです。

Everyday Smiles - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました